株式会社キュービックボーテ

株式会社キュービックボーテ代表 原 麻理子

株式会社キュービックボーテ代表
原 麻理子

CATEGORY

ARCHIVE

2015.06.02

毎日、成果を細かくスタッフに報告してみることに

先月、掲げた売上の目標を達成することができなかった。
少し高すぎる目標を立ててしまったというのもあるけれど、途中で方針変更をすることをしなかったことも良くなかった。

私は、過去にいたチームでも売上や粗利の目標を達成できたという経験があまりない。
私の悪い癖は、焦って毎日成果を見ていても、結果が良くなることを「祈っている」だけで、改善のための最適な手を打つことをしないというところだ。
目標に対する執着心が今まで薄かったんだと思う。

なんで薄かったんだろう、という自己分析はまた今度違う記事にまとめるとして、
先月の目標についてもこの悪い部分が出てきてしまって、結局大きく乖離して目標未達になってしまった。
達成できなかったのはもちろん悔しいけれど、頑張ってくれているスタッフに申し訳ない。
「スタッフには仕事を楽しんでもらいたい」というのが私の会社経営をする上で大事にしたいことなのに、これではモチベーションも下がってしまうし楽しむどころではない。

そこで、まずやってみようと今月から始めたことが、毎日の来店人数や契約率、顧客単価などの結果に加え、それに対する評価コメントをスタッフに向けて発信するというもの。
私自身だけじゃなくてサロンスタッフにも意識を高めてもらいたいというのが狙い。
これをきっかけに新しい施策にもたくさんチャレンジして、目指せ目標達成!

CATEGORYSALON

2015.05.20

ビューティワールドジャパンに行ってきた!

東京ビッグサイトで開催された、ビューティワールドジャパンという、美容業界の関係者が多く集まるイベントに参加してきた。
店舗で販売できる美容用品やサプリメント、施術用の化粧品、エステ機器、経営サービスや顧客管理システムなどなど・・様々な商品が会社ごとでブースが分かれて展示されているのを、来場者は紹介を受けたり購入したりすることができる。

今回の私の目的は、色んな美容用品に触れて知識を増やすことと、ある方にお会いするため・・・

そのある方というのは、向井邦雄先生。
「お客様がずっと通いたくなる小さなサロンのつくり方」という本の著者であり、サロン経営のコンサルタントをされている方。
普段は、高い費用を払わないと聞けないようなセミナーをお聞きすることができた上に(会場内を迷って遅刻したけど汗)、個別で相談に乗っていただくこともできた!
お話を伺うことで、より一層考え方を広げることができたので、今回のイベントに来れて本当によかったと思う。

こんな素晴らしいチャンスに巡り会えたのも、サロン関連のセミナーで出会った尊敬する先生方やオーナーさんに仲良くしていただけているからで、そうでなかったら向井先生ともお会いするチャンスなんてなかったかもしれない。
この関係は続けていきたい!

他にも今回ビューティワールドに参加して、いつも取引をさせていただいている担当の方ともお会いできてご挨拶とお話しをすることができてとても嬉しかった!
このような担当の方とも、いい関係を築いてお互いにメリットのある仕事をしていきたい。

私って、こういう「人」とつながって仕事をするのが好きなんだなあと改めて気づいた。

CATEGORYSALON

2015.05.13

チャレンジを繰り返さなくてはいけない大切さの再確認

最近頻繁に、ディオーネFCの他店舗のオーナーさんや店長さんとお会いして、情報交換や相談事などをさせてもらっている。(とっても有難い関係性!感謝感謝…)
今日もランチをご一緒させていただいて、2時間という短い時間の中だったにも関わらずたくさん勉強をさせてもらった。

細かい戦略なども教えてはもらったのだが、今回特に収穫になったのが「とにかく色々チャレンジしてみないことには、他店舗で上手くいってる戦略でうちの店舗が成果を出せるかどうかはわからない」という風に自分で気付けたこと。

他店舗で成果が出たのは、その地域との相性が良かったのかもしれないし、スタッフの性格とピッタリだったのかもしれないし、経験値を積んだのちに取り組んだものだったからなのかもしれない。

成功するには、スピード感をもってトライ&エラーを繰り返して、池袋東口店オリジナルのストラテジーを見つけていかなくてはいけないなあ、と教えていただきながら考えていた。

PDCAを繰り返すことは今までもキュービックで散々言われていたことなので、サロン運営でも同じなんだと再確認するきっかけになって良かった。

ただ、キュービックはウェブ上を主戦場としているためにスピードを出しやすい一方、サロンは直接 人が動いているのでどうしても動きが鈍くなってしまう。
PDCAの回転の速さをサロンスタッフに身につけてもらうことが解決すべき課題になりそう。

CATEGORYSALON

1 / 11

ページの先頭へ